野菜ごとにある旬

野菜の旬を知っておいしく食べよう!

ブロッコリーの魅力

ブロッコリーは、アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜です。キャベツの一種で花の部分を食べる品種を基にして、品種改良された野菜です。地中海沿岸が原産です。ブロッコリーの栄養はバランスがよく、ビタミンCが豊富に含まれています。疲労回復に効果があるとされていて、筋肉を鍛えるようなボディメイクをする人々に人気の食材です。同じく体を鍛えているときに良いとされる鶏のササミと一緒に調理されたメニューが良く食べられています。

ブロッコリーの栄養素は、ビタミンCだけでなく、カロテン・ビタミンA・B1・B2・カリウム・リンなど豊富なミネラルが含まれているのが特徴です。バランスがよく、豊富な栄養素が摂れるために、1年中を通してよく食べられていますが、本来のブロッコリーの旬は、11月~3月です。あまりイメージはないかもしれませんが、ブロッコリーは冬の野菜なのです。夏に種をまくと、この時期に収穫できるのですが、春に種をまくパターンも多いです。そのような場合には、夏に収穫できるのですが、害虫対策のために農薬を多く使用することがありますので、夏に食べるブロッコリーは、特によく洗ってお湯で下茹でをしてから食べることをお薦めします。

ブロッコリーは、花蕾の部分が小さくて粒が揃い、蕾が詰まっているものを選ぶと良いです。色も確認した方が良く、緑色のものが新鮮で、黄色くなっているものは鮮度が落ちているものです。このように、ブロッコリーを選べば、美味しく新鮮なものを手に入れる事ができます。緑が映えるブロッコリーを積極的に食べて、健康増進に役立ててみませんか。